« 余談ですが | トップページ

2007年10月21日 (日)

悪夢かもしれません

もし、知人がサラリーマンを辞めて独立したいと言ったら、
私は否定的な見解を述べます。
「止めといたら」 と言うでしょう。
それが知人でもあまり親しくない相手だったら、
「応援します、頑張ってください!」 でしょうか。
私も仕事ですから。
つまり、サラリーマンの方が会社を辞めて起業することには否定的なのです。
特に、妻や子供がいると聞いた日にゃぁ~、
完全否定するかもしれません。猫まっしぐらに退散です。
・・・失礼しました。
医療保険に年金保険、良くも悪くも源泉徴収。
失業したって一定期間はお金がもらえます。
サラリーマンの方がお得ですよね。
ついでにボーナス!!!
・・・・
ボーナスもらって、あ~んなことから、こ~んなことまで!
それに比べて
自分が始めた事業が上手く行かないとき・・・イマジンしてみましょう。
ドリーマーではいられません。
それでも、
止めといたらと言っても、
やりたい人はやるんですよね。
貴方がサラリーマンなら、
今一度自分の仕事を見つめましょう。
ついでに、社内を見渡しましょう。
私が営業マンだった頃、
売上げを回収するまでが営業の仕事だとよく言われました。
直接納品・現金取引の相手だと、
その言葉のとおりに頑張ったつもりですが、
ほとんどの営業先が掛売りだったので、
注文を取って納品し、会社に戻って伝票を事務の娘に渡せばそれで終了!
そして私の給料は、いつも通りに口座へ振込まれている。
そんな具合だったかな。
領収証を切ることも滅多になかったし。
電卓叩いて、帳簿を付けて、
料理でも始めるのかなと思ったら、おもむろに封筒を計量器に乗せて。
たまの外出は郵便局か銀行かお弁当の買出し。
そんな地味な彼女達の仕事だって、
他にやる人がいなければ貴方の仕事です。
貴方は、貴方の仕事の伝票やお金の流れを理解してますか?
私は理解してませんでした。
見積書・納品書・請求書・領収書、送り状その他モロモロ。
サクサク書いて手際良く発送できますか?
いきなり法人を設立するのなら、
経理をはじめ事務系の仕事を別の社員に任せることも出来るかもしれませんが、
少なくとも、その流れは理解しておかなければなりません。
個人事業主の場合、
まずは全て、貴方がやるんです。

« 余談ですが | トップページ

ビジネス」カテゴリの記事

amazon