« 元気があれば、何でもできる? | トップページ | 悪夢かもしれません »

2007年10月12日 (金)

余談ですが

お金の話ばっかりしやがって!

と、お嘆きの貴兄。

でも、私がしている話は、

金融アナリストや株屋や、経済評論家がするお金の話ではありません。

商売における日々日常の話です。

余談になりますが、

株屋や、経済評論家が薦める株の銘柄があります。

あれは多分、

その人たちが実際に持っているか、

身近な人に既に薦めた株の銘柄なのだと

個人的には踏んでいるわけです。

名の知れた評論家がお勧めするのだから、

それを見聞きした素人投資家がその銘柄を買いに走り、

その銘柄の株価が上がる。

だから、その評論家自身の株価もさらに上がる。

有名な評論家の言葉をありがたく頂戴して、

バブルの頃に、今でも、踊らされた人は少なくないでしょう。

バブルの頃は抽選だったNTT株の放出も、

買い手がつかなくなると、

前日までバンバン個人投資家に電話をかけまくるのが証券会社です。

特に、オバちゃんたちが集中砲火を浴びたとか。

放出後はほどなく半値。で、塩漬け。

泣き寝入りしたままの方も多いでしょうが、

相手も仕事ですから・・・。

世の中に、ウマい話はありません。

あったとしても、

庶民にまでは降りて来ません。

当たり前です。

肝に銘じましょう!

« 元気があれば、何でもできる? | トップページ | 悪夢かもしれません »

ビジネス」カテゴリの記事

amazon